この記事は約 2 分で読めます

  • 投稿 2016/11/04 
  • 生活
初詣お参り

初詣で神社にお参り。
普段お参りの習慣がなく、初詣だけだと、参拝作法に迷う方も多いです。
そんな方におすすめ。
正しい作法で神様にご挨拶、御願い事を伝える方法をまとめました。

 

スポンサードリンク

初詣お参りの作法

 

初詣に限らず、神社に参る場合には参拝作法があります。

作法を間違えたからといって、ご利益がなくなることはありませんが、正しい作法で参拝することに越したことはありません。

 

作法をチェックしてから、参拝にいきましょう。

 

正しい参拝方法
①鳥居をくぐる時は一礼する。

②御手水で御清めをする。

③お賽銭を入れ、金を鳴らす。

④二礼二拍手一礼

⑤鳥居を出る時に一礼

 

鳥居は神社の玄関。
神様の御宅に訪問する入り口なので、そこでは入る時も出る時も一礼します。
また、参道の真ん中は神様の通り道なので、両端を歩きましょう。

 

御手水は混雑しててできない時もありますが、できるだけやるようにしましょう。

御手水のやり方

①右手で柄杓をもち、左手を洗う

②左手に持ち替えて、右手を洗う

③右手の掌に水を入れ、それを口に含み口をすすぐ

④右手を洗う

⑤柄杓を縦にし、残った水で柄杓の柄を洗う

すくった水で①〜⑤を一通りします。

お賽銭は、5円玉が主流ですが、縁起かつぎなので、いくらでも大丈夫です。

 


スポンサードリンク

初詣お参りの願い事の仕方

 

参拝の際に、お願いをする時は、二礼二拍手の後にお願いごとを言って、一礼します。

 

願い事をする場合

「かなえて下さい!!!!」

とだけ言う人が多いですが、これはNG。

このお願いの仕方だと、神様はどうして良いかわかりません。

 

極端な話、
「お賽銭あげるからかなえてね、じゃっ!」

と言うだけ言って去っていくようなものです。

 

神様にお願いごとをするなら、ちゃんと自己紹介をしましょう。

 

名前、年齢、住所、性別は伝えた後、いきなりお願い事をするのではなく、

 

「○○神社の神様、いつもありがとうございます。この神社の発展をお祈り申し上げております。」
日々、無事に過ごせていることへの感謝、神社の発展を述べます。

そして、

 

「このご縁に感謝します。」

 

お参りできたことの感謝を伝え、それから、お願い事を述べます。

 

神様も年に1回ふらっときて、名前も言わず「お願いね〜」と一言言って去っていく人にまで対応するのは難しく、感謝を忘れず、礼儀正しい人の元から訪れてくれるそうです。

初詣に限らず、この参拝作法、お願いごとの仕方は同じです。

 

 

 

まとめ

お参り作法が出来ていない人が多い中、作法がきちんと出来ていると、神様から見ても目立ちます。

ぜひ参拝作法を頭に入れて、神様に感謝の意を伝えて下さいね。

 

スポンサードリンク

良い一年いなりますように。