この記事は約 3 分で読めます

  • 投稿 2016/10/03 
  • 生活
ローストビーフ部位

お祝い料理としても人気のローストビーフ。

 

せっかくだから美味しく作りたい!
そんな時はお肉の部位にもこだわってみましょう。

 

絶品失敗なしの美味しい作り方とともにご紹介します。

スポンサードリンク

ローストビーフの部位おすすめはどこ?

 

基本的にローストビーフといえば赤みの肉。
ですが、適度に脂身がないと肉は硬くなり、脂身が多いと脂が多いと食味や食感がくどい味になります。

ローストビーフを美味しく作るためには、部位だけで選ぶと、硬くなったり、食感が悪くなるので要注意。

 

おいしく作るためには、「産地(国産か外国産か)+部位」で選びましょう。

 

国産牛の場合

国産牛は、赤身にもかなりの脂が含まれてます。

ローストビーフを作るなら赤みのもも、ランプ、肩ロースの脂身が少ない部分がおすすめです。

リブロースやサーロインは、国産の場合は脂身が多すぎるため不向きです。

ヒレ肉でも良いですが、値段が高い割には、味に差が出ないのでややもったいない感じになることもあります。

 

 

輸入牛の場合

もも肉だと脂が少なく、やや固くなります。

おすすめはロース。バラ肉は輸入牛でも脂が多く、筋も多いのではローストビーフには不向きです。

 

以下、個人的な感想ではありますが、参考までに輸入牛の食べ比べをご紹介します。
アメリカ産は、焼きたては少し匂いますが 一度冷えれば次に温めても臭みは出ませんでした。

オーストラリア産は脂の所は匂います。匂い対策として、かなり濃いめのタレがおすすめです。

スポンサードリンク

 

 

脂が多い国産牛、もしくはブランド輸入牛ならもも肉、脂が少ない輸入牛ならロース、がローストビーフにはおすすめです。

 

 

ローストビーフの美味しい作り方

 

ローストビーフ、美味しいのはもちろん、簡単に作るならフライパン調理がおすすめ。

 

オーブンの方が本格的なんじゃないの??と思ったりもしましたが、食べ比べてみても差はありませんでした。
家族からは「レストランより美味しい」と太鼓判の味です。

材料

牛かたまり 500g

にんにく 2かけ

生姜   2かけ

水  200cc

醤油 100cc

みりん 50cc

赤ワイン(酒でも) 50cc

塩胡椒 適量

 

作り方

①肉を冷蔵庫から取り出し、30分おいて常温にする。

②塩胡椒をたっぷりと刷り込む。

③フライパンに油を薄く引き、強火で表面全体に焼き目をつける

④にんにくとしょうがを入れ、香りが出たら調味料類を入れて、火を中火にして一煮立ちさせる。

⑤蓋をして火を消して1時間程おく。(肉が浸らない場合は、時々ひっくり返す)

⑥冷めたら肉をスライスして、ソースにとろみをつけてかける。

シンプルな材料ですが、肉は柔らかくソースも絶品です。
洗い物も少なく片付けが楽。
大きな塊肉よりも、少量作るのに向いていると思います。

 

 

まとめ

 

このレシピで作るようになってから、お祝い事には必ず出るようになったローストビーフ。
簡単なので、すぐ出来て美味しい、失敗もありません。
ぜひ、作ってみてくださいね。

 

スポンサードリンク

子供がいる方はこちらも参考にしてみてくだsヂアね。

ローストビーフ子供

ローストビーフ子供は何歳から食べれる?生焼け判断の仕方

お祝いのメインディッシュのローストビーフ。でも、お肉の赤い色をみると「子供って食べれるのかな??」と心配に思うママさんも多いですよね。そんな質問にズバッと回答!...

投稿日 2016/9/27