この記事は約 2 分で読めます

忘年会幹事挨拶

忘年会の幹事、お疲れ様です。

 

店決め、余興に景品にと準備がひと段落ついてほっとする間もなく、気になるのが当日の進行ですよね。

幹事の挨拶が必要な場合、どんなことを言ったらよいのか、と悩む人も多いです。
そんな方におすすめの挨拶例、まとめました。

スポンサードリンク

忘年会の挨拶 幹事がする場合

 

忘年会の幹事といえば、事前準備だけが仕事ではありません。
当日も、進行やらに気を配りつつ、ちょっとした挨拶も必要。

「挨拶なんて何言ったらいいのかわからないよー!!!」
と思うかもいしれませんが、大丈夫。
幹事の挨拶とは、円滑な進行が目的なので「忘年会の流れを伝える」のがメイン。

 

定型的な言葉でOKですし、
さらに抱負などもいりません。
抱負などの挨拶は上司に任せておけば良いですし、手短な程、宴会での挨拶は好まれます。

流れと定型文を頭に入れておけば、何一つ心配することはありません。

 

忘年会のおおまかな流れとしては、

  1. お店に集合し、人数が揃ったら店員に開始を告げる
  2. ドリンクが行き渡ったら、幹事の挨拶
  3. 乾杯
  4. 終了が近くなったら(30分ほど前)、幹事の挨拶
  5. 締めの挨拶

 

どんな宴会でも、だいたいこの流れで進みます。

新人の紹介などは③の前、退職者がいる場合は、⑤の前に紹介や挨拶をもらうと良いでしょう。

 

 

忘年会幹事の挨拶例

 

では、忘年会の挨拶の例をご紹介。

まずは開始の挨拶。

 

本日はお集まり頂き、ありがとうございます。

 

人数もそろいましたので忘年会をはじめたいと思います。

楽しく飲んで食べて、今年の苦労を忘れたいと思います。


では、乾杯の挨拶を○○課長に、お願いします。

 

「開始」が分かれば十分(笑)。

この後も、上司の挨拶があるので、手短にしましょう。

 

大きな声で、元気よく!!というのも忘れずに、ですよ〜。

スポンサードリンク

 

忘年会幹事の挨拶 締め

 

忘年会、幹事の締めの挨拶の例文はこちら

 

宴もたけなわではございますが、ここでお時間となってしまいました。
最後に、○○部長、締めの挨拶をお願いします。

 

乾杯の挨拶、締めの挨拶は会社の慣習に習って、事前にお願いをしておきましょう。
(締めの挨拶の方が偉い方にお願いすることが多いようですね。)

 

ここでも大きな声で。

お店の退場時間もありますので、バタバタしないようにしっかりと締めましょう。

 

 

まとめ

 

挨拶が終わったら、忘れ物がないか最後に確認してお店を出れば完璧です。
無理に盛り上げようとはせず、幹事の挨拶は、定型文で構いません。
時間管理だけはしっかりしておきましょうね。

 

スポンサードリンク

また、ゲームなどが決まってない場合は、こちら「忘年会ゲーム大人数でも簡単 盛り上がるのは(会社でもOK)?景品は?」を参考にしてみて下さいね。