この記事は約 3 分で読めます

忘年会ゲームチーム

忘年会の幹事さん、お疲れ様です。

たかが飲み会、されど飲み会。

盛り上がるかは幹事とゲーム次第!

 

忘年会のゲーム、大人数参加におすすめのチーム対抗で盛り上がるものをご紹介します。

スポンサードリンク

忘年会ゲームチーム対抗戦でするには?

 

大人数で参加する忘年会。
ゲームをするならチーム対抗戦がおすすめです。

 

個人戦になると、しらける人はいますが、チーム対抗なら全員参加になるので、嫌が応にも盛り上がります。

親睦を深めることもできるので、盛り上がれば一石二鳥!

 

 

おすすめのゲームはこちら!

きき酒

ききビール、きき水、ききジュースなど応用可。
チームで相談して決めますが、微妙な味の違いの見分けであれこれ話していると盛り上がります。

 

 

この人は誰だ?!クイズ

小さい頃の写真を持ってきてもらい、誰かを当てるゲーム。(写真を使った人には黙ってもらいましょう)。
昔はこんな可愛かったんだ〜とびっくりしたり、かなり盛り上がります。

また、この他、脳内メーカー、自分成分表、面白エピソードなどを紹介し、これは誰かを当てます。
ちょっと変わった感じの結果の人から選ぶのがおすすめ。ヒントや四択にすると回答しやすいです。

 

 

伝言ゲーム

例文を紙に渡し、覚えてもらったら、次に次に隣の人に伝えるゲームです。

たとえば、「12月21日の12時に、山田さんは赤いジャケットを来て、青いりんごを5個もって、山本さんの家にいき、21時まで田中さんと中田さんの4人で麻雀をしました」

例題は、数字や名前を近いものにして、間違いを誘うのがコツ。

最後は紙に書いてもらって、間違いの箇所で何点か引いて、マイナスが少ないチームが勝ちです。

 

 

お絵描きゲーム

絵を書く人を1人決め、残りの人は回答者です。

お題を決めて(別チームの人が決めてもいいですし、先にお題を用意し、くじで決めてもOK)、絵を書き、それが何かを当てます。

絵が下手な人が書けばかなり盛り上がります(笑)。

 

 

全て、座ったままでできるので準備も簡単です。

 

 

忘年会のゲーム盛り上がるコツは?

 

ゲームを楽しく盛り上げるには、幹事の腕次第です。

というと、大げさですが、、、

 

忘年会を盛り上げるには、まず大事なのはルールを明確にすること。
笑うだけ笑って盛り上がっても、点数がつかないとゲームになりません。

ですので、問題は難しすぎず、簡単すぎずのものを選びましょう。

 

そして、どうしても点数がつかない時は、じゃんけんゲームに切り替えるのもおすすめです。

 

チーム対応なら、代表者を決めて、勝負。

大げさに「じゃーんけーん」と掛け声をして、盛り上げましょう。

 

また、負けた最下位のチームには罰ゲームを追加するのもおすすめ。

定番は、ロシアンルーレットですね。
一口大の食べ物を用意、一つだけ激辛にします。Sっけを出すなら、一つだけセーフにして、あとは全部激辛にするバージョンもありです。

 


スポンサードリンク

まとめ

 

忘年会チーム対抗でやるゲーム、参考になりましたか??
お酒の力もあり、普段と違う面が見えると、それだけで結構盛り上がります。
緊張するかもしれませんが、幹事さんは大きな声と笑顔があれば、なんとかなるものですよ。
がんばってくださいね。

スポンサードリンク

また、景品が決まってないよ〜と言う方は「忘年会の景品でもらって嬉しいもの例、ウケ狙いには?いらないものって?」、幹事の挨拶が心配という方は「忘年会の挨拶幹事向けのおすすめ例 締めはこれで!」も参考にしてみて下さいね。