この記事は約 3 分で読めます

  • 投稿 2016/08/29 
  • 健康
ノロ消毒液

ノロウィルスが心配に季節に。

 

効果的な消毒方法に、手にも使える消毒液など、家庭でできる対策方法をご紹介します。

 

絶対かかりたくないという人は必見ですよ!

スポンサードリンク

ノロ対策 家庭でここまですれば完璧!

 

ノロウィルスが嫌な時期になってきました。

ちらほら身近なところで感染を聞くと、うちは大丈夫かしら、、と心配になりますよね。

 

そんな悩みを解決!

感染者が多い環境で働いている介護関係の方に、大流行してもノロに感染しなかった対策法を聞きました。

家庭でここまでできればノロウィルス対策は完璧です

 

うがいと手洗い

手は掌、手の甲、指の間、爪は短めに切って爪の間までしっかりと洗います。30秒以上かけて、帰宅後、トイレの後、食事前、こまめに洗いましょう。

タオルはペーパータオルで使い捨てが理想ですが、無理な場合は、家族の人数分タオルを用意して、同じものを使わないようにするのもポイントです。

 

 

玄関で消毒

玄関に消毒液を含ませた玄関マットをおいて、そこで靴の消毒、さらに玄関で服を脱いで洗濯機に入れ、乾燥まで済ませましょう。

うがい、手洗いと合わせることで、ウィルスを家庭に持ち込むことを予防できます。

 

 

消毒液で掃除

消毒液で床吹き、トイレ掃除は1日2回程度すると良いでしょう。ドアノブなども忘れずに。

また、食事の前には必ず消毒液で机を吹きましょう。

 

 

室内の湿度

乾燥するとウィルスが蔓延しやすいです。湿度50%以上にすると、ウィルスの動きを抑えることができるので、それを目安に加湿を。

 

 

生物は避ける

ノロで危険なのは、牡蠣などの二枚貝と言われていますが、この時期は加熱したものも避けた法が安心です。

また、肉、魚、野菜も全て火を通したものだけを食べ、生物は避けるようにしましょう。

 

 

外から持ち込まないようにし、室内の換気と湿度に気を配り、食中毒の可能性があるものを口にしなければ、ノロウィルスにかかる可能性はぐーんと下がります。

 

あとは、よく寝て、ストレスをために内容にすることもとっても大事ですね。

体の免疫力をあげれば、ウィルスに感染しても、症状を発症させずに跳ね返すこともができます。

 

 

ノロ対策 消毒のしかた

 

ノロ対策に有効な消毒の方法をご紹介します。

 

ノロウィルスの消毒には次亜塩素酸を使うのが一般的です。

塩素系の漂白剤が次亜塩素酸です。

500mlのペットボトルに、ペットボトルのふた2杯分のハイターを入れると消毒液が出来上がりますので、

それを、床などの拭き掃除に使うと良いでしょう。

 

床などは消毒液をかけて拭き取るだけで対策としては十分です


スポンサードリンク

 

ノロ消毒液手にも使えるのは?

 

ハイターで作った消毒液で対策はできるけれど、手につけるのは心配。

 

手洗い後に、さらに消毒液をつけて完璧にしておきたい、という場合もありますよね。

そういった場合におすすめなのが、口に入れても安全なノロ予防ができる消毒液。

 

柿渋をつかった消毒液。
食品添加物なので、口に入っても安心です。

 

 

 

水が主成分の次亜塩素酸。

PH調整をしているので、肌荒れをしにくくなっています。

 

 

赤ちゃんや小さいお子さんがいる場合は、ハイターを思いっきり使うのは気がひけるもの。

こちらなら、安心して使えるので、おすすめです。

 

 

まとめ

 

ノロ対策、家庭でする消毒法、参考になりましたか?

 

最後に、実は、一番のノロ対策は「気にしすぎないこと」。
心配しすぎるとストレスで、免疫が落ちてウィルスに感染しやすくなります。

 

スポンサードリンク

ノロウィルスいわば胃腸風邪、感染しても水分補給をして数日すれば治ります。
できることをしたら、どーんと構えて日々を過ごしてくださいね。