この記事は約 2 分で読めます

  • 投稿 2016/08/27 
  • 生活
ムートンブーツシミ

冬に大活躍するムートンブーツ。

 

愛用している方は必見。

シミができてしまった時の落とし方をご紹介します。

 

汚れてどうしよう〜って人も、買ったばかりの人もぜひチェックしておいてくださいね。

スポンサードリンク

ムートンブーツのシミの落とし方

 

ムートンブーツにシミができてしまった!!!

 

大事に履いてても、汚れはできてしまいます。

私は、食べ歩きしてて、たこ焼きをブーツに落としてソースをつけてしまいました(涙)。

 

私が落とした方法はこちら。

ムートンブーツのシミの落とし方
(用意するもの)

おしゃれ着洗剤

タオルなどの布

 

(方法)

①薄めた洗剤を布に染み込ませて絞ったものでひたすら叩く。

②シミが落ちてきたら、ぬるま湯を染み込ませて絞った布で叩いて、洗剤を取り除く。タオルをすすいで絞り、数回繰り返す。

③乾いた布で水気を吸い取った後、陰干しで乾かす。

 

部分できな汚れでできたシミにはこの方法で落とせます。

 

私はおしゃれぎ洗剤で洗って別段変化は感じませんが、ちょっとでも革を痛めたくないという方や、これから手入れもきちんとしていこうという方は、UGGの専用洗剤を購入のも良いでしょう。

 

皮に栄養を与えるオイルも配合されているので、愛用していきたいならおすすめです。


スポンサードリンク

 

ムートンブーツに水シミができた場合は?

 

ムートンブーツのシミ、実は一番多いのが水シミ。

 

雨や雪の日などにはいて、気づいたらシミになっていた、というのが多いです。

 

水シミの場合は、先ほどのご紹介した染み抜きとは違う方法で落としていきます。

ムートンブーツの水シミの落とし方
(用意するもの)

スポンジや布

 

(方法)

①スポンジを水で濡らし、ポンポンと叩くようにブーツ全体を水に濡らす。(手で触ってしっとりするくらい)

②風通しの良い場所で陰干しして乾かす

 

水によるシミは、濡れてるところの染料が乾いてる所に移動するからなので、全体を水に濡らせばシミは簡単に落ちます。

 

注意するのは、乾かすときに

  • ドライヤーなどを使わない
  • 直射日光を当てない

 

つまり、「熱を加えない」ということ。

ムートンブーツなど革製品は蛋白質のため、熱で硬化します。一度熱で硬くなると、戻すことはできないので、注意しましょう。

 

乾いた後は、ブラッシングするとさらに綺麗になります。

仕上げに防水スプレーでケアは完璧です。

 

 

まとめ

 

ムートンブーツにシミができてしまっても、もう怖くないですね。

 

スポンサードリンク

ただあまりにひどい汚れは、丸洗いか(方法は「ugg、emuムートンブーツの洗い方と乾かし方、手入れの簡単な方法」)、クリーニング店で相談をしてくださいね。