この記事は約 3 分で読めます

  • 投稿 2016/06/29 
  • 生活
義実家帰省

お正月やお盆などの長期休暇が近づくと考えなきゃいけない義実家への帰省。
鈍い旦那にはわからない、嫁の立場の難しさ。

年に数日といえど、帰省したくないほど悩む人は多いです。

 

そんなときに知っておくと役に立つ上手な断り方とは??

スポンサードリンク

義実家に帰省したくない理由

 

義実家に帰省したくない理由。

・意地悪

・無神経

・居心地が悪い

・気疲れが半端ない

・実家が汚い

・不衛生

・帰省に金銭がかかりすぎる

・忙しい

 

などなど。

 

本当に様々で、嫁と姑の関係の数だけあります。

まぁ、ぶっちゃけ、いろいろな面の考え方が「合わない」から疲れるんですよね。

 

外で会うぶんには良かったのに、義実家というスペースに行くと途端に「無理!!」ってこともたくさんあります。

 

我慢せず「帰省したくない」というのは大人気ないのでしょうか??

 

同居してて毎日のことじゃないだから、年に数日ぐらい我慢すれば良いという意見も結構言われます。

でも、この数日に対する考え、重きも人によって違います。

 

「忙しい日々のたまにある貴重な貴重なお休み」

「帰省の費用があれば、もっと欲しいものが買える、旅行にいける」

 

帰省によって親孝行は出来ても、心身の健康を害するなら、それってどうなの??って思いますよね。

 

我慢できないのであれば「上手に」断って回数を減らすなどしても良いでしょう。

我慢がつもり積もって義実家と「絶縁」になったお嫁さんで、「絶縁するくらいなら喧嘩しても言いたいこと言って歩み寄りを測ることもできたかも」後悔している方もいます。


スポンサードリンク

 

義実家への帰省の断り方

 

帰省を断るというのも、義理傷心の態度や状況が我慢できないことへのアピールになります。

 

程よく、距離をおきたいときに角が出ないようにするおすすめの断り方、フレーズを見ていきましょう。

 

理由① インフルエンザなど感染病が流行っている

赤ちゃんがいる場合など、結構使える理由ですね。

 

「この時期連れ出すのは心配なので〜」と。

 

まぁ、逆にそういうのを心配して帰省したくないのに、帰ってこいとうるさい人もいてイラっとすることもありますが・・・。そんな場合は、病院の先生に止められている、もしもの場合のリスクを大げさに言って、責任はどうしてくれるんだ的なことをやんわり盛り込むと良いでしょう。

 

 

理由② 帰省にお金がかかる

旅行に出かけない人には費用って見えてこないもの。

ちょっと割増して、これだけかかって大変なんですと正直にいうのもあり。「最近、不景気だし、お給料も上がらなくて家計が大変なんです」と。

 

ただし、あまり言いすぎると旦那さん=息子の悪口になるので注意。

 

 

理由③ 体調不良

子供が熱を出してしまって、病明けで、大事な用事(運動会などの学校行事、発表会などのイベント)が事前に控えているので、など。
また、自分自身も、生理痛がひどくて、など、病気の場合は比較的「しょうがないな」と思えってもらえることが多いです。チケットの予約が不要の場合は、当日仮病という強硬手段に出る人もしますね。

 

 

嘘も方便ですが、角を立てずに上手に理由をつけても無理強いする人もいます。
そんな場合は、相手にこちらの立場になって考えてもらえるように話を持っていけると一番良いですね。
「行くのは無理ですが、良かったらこちらに来て下さい」と言ったときに「大変だ」と言ったら、「毎回こちらもそうなんですよ」といった感じに。

 

口でいうのは簡単だけど、お金も気力も体力も使ってるんだから、ってことをわかってもらうには、少々強めに言うのも必要です。

 

 

まとめ

 

楽しく帰省できるのが一番ですけどね。
それには、多かれ少なかれ、お互いの努力が必要です。
努力せず諦めるのも、しんどいだけです。

 

スポンサードリンク

少しの行動をプラスして、すこしでもよくなるように頑張ってみてくださいね。