この記事は約 3 分で読めます

ランドセル選び方男の子

ランドセル選び方男の子来年度1年生男の子がいるママさんに。
ランドセル選びに悩んでいませんか??

ランドセル選びで失敗しないために。
男の子の場合の選び方のポイントなどをご紹介します。

スポンサードリンク

ランドセルの選び方男の子の場合

昨今のランドセル、色もデザインも素材も様々で、本当に迷いますよね。
ランドセルを選ぶ場合、男の子はどういったことを気をつけたら良いのでしょう。

まず、色やデザインですが、男の子は女の子ほど色にこだわりがない子が多く、黒が多いです。
逆に、ちょっとこだわりがある子が、その時の好みでカラフルなものや柄つきのものを選んだ場合、成長するにつれて「恥ずかしいから嫌だ」と言いだした、なんてことも結構あるそうです。
「周りがシンプルな黒が多いので、逆に自分のカラフさが気になるようになった・・・」
という感じのようです。

ちょっと変わった色を選び「飽きないか心配」という場合は、周りの友達がどんな色なのかリサーチして、子供に教えたり、また通う小学校の子達がどんなランドセルが多いかを実際見せると良いでしょう。
周りに合わせた方がいいかも、と思う子も多いので、そうなったら、だいたいはベーシックな色を選びます。

男の子のランドセルの選び方として気にすべきは、素材。
牛革かクラリーノで迷う方が多いですが、それぞれの特徴から見てみましょう。

牛革

(メリット)
使うほど体に馴染む、高級感がある
(デメリット)
重い、水に濡れるとシミができる場合もある

 

クラリーノ

(メリット)
皮より軽い、傷や水に強い
(デメリット)

 

男の場合、扱いは雑なことが多いです。
また、雨が降っても、傘をささずに濡れて帰ってくる子も多いので、そういった行動に対して心配するならクラリーノがおすすめです。
ですが、逆に牛革は傷も味になります。使い込むことで出る「味わい」を求める方は牛革を選んでいるようです。

ここは、子供よりも親のの趣味が反映されていますね。

ランドセルの選び方男の場合
・デザインはシンプルさを重視した方が失敗が少ない
・素材は親の好みと予算に応じて。

ランドセル選び方のポイントは?

ランドセルを選ぶ時のポイントは
・重さ
・丈夫さ
・背負いやすさ

と言われています。
重さは、体格が小さい場合や通学時間がかかる場合には考慮した方が良いでしょう。
ですが、体格も普通、通学時間も15分前後なら、低学年のうちは重くて大変でも、子供は成長するので、すぐに慣れるので心配しなくても大丈夫という意見が多いです。

丈夫さについては、また一般的なランドセルであれば、よほどひどい扱いをしない限り6年間で壊れる心配はほぼありません。
ですので、どれを選んでもほぼ大差がないというのが現実。
ちなみに、ランドセルが故障する場合とは、ほとんどが肩紐の付け根の部分。
ここがプラスチックの場合は、6年間の間で壊れることがあるので、注意です。金具であれば問題ありません。

背負いやすさは、子供によってかわります
評判が良くても、子供の体格によって金具が当たくて痛かったり、サイズが大きすぎたり、こればかりは実際に背負ってみないとわからないところです。

ランドセル選びのポイントは、何より子供が選んだもの、気に入ったものが一番です。
できるだけ手にとって実際子供に背負わせてみて確認するのがランドセルを選びで失敗しないポイントです。


スポンサードリンク

ランドセル男の子の場合安いのはダメ??

ランドセル、男の子の場合、
色やデザインはシンプル → 黒
素材 → 親の好み(大差なし)

となると、安いのでも問題なし??
と思いますよね。

ホームセンターに1万円以下のランドセルを売っているのを見たことがありますが、さすがにそこまで安いと心配になりますが、、、、。
2万円程度なら十分だと思います。
6年保証がついていれば、故障の際も心配しりませんしね。
選ぶ時はそれこそ人生の一大事!みたいな感じですが、買ってしまったらあとは案外どうでもいいもの(汗)。

ですので、値段をあれこれ考えるのは親のみ(笑)。

特に男のなんて、ランドセルを比べたりしないので、値段が安いのでも気に入れば問題なしです。

まとめ

ランドセルの購入を決めたら、パンフレットは捨てる、売り場は通らないは徹底しましょうね。
子供があっちがよかったーなんて言い出したらややこしいので(汗)。

スポンサードリンク

お子さんにとって、お気に入りのランドセルが見つかりますように。