この記事は約 3 分で読めます

夏バテ解消

夏バテ解消暑い夏に発生する夏バテ。
続くと体力減少、集中力もなくなり、生活に支障も出てきます。
解消するためにはどうしたら良いのでしょう??

スポンサードリンク

夏バテの解消方法

まず、夏バテはなぜ起こるのでしょうか??
夏バテとは、夏の高温多湿な気候に、身体が対応しきれなかった結果、出てくる様々な不調全般をいいます。

一番大きな要因は、「体の冷え」。
冷たい飲み物を飲みすぎることからくる冷え、
クーラーで冷えすぎることからくる冷え、
など。
つまり、夏バテはこの体の冷えを解消すれば改善されるます。

夏バテ解消方法
・冷たい飲み物は避ける
・クーラーを避ける。(使う場合は28度設定)
・入浴する(シャワーで済まさず湯船に浸かる)

暑いからといって、冷たい飲み物ばかり飲むと体の冷えは進むばかりです。
コーヒー、紅茶、アルコールは利尿作用があるので、脱水症状を進め、さらに体を冷やすので、飲みすぎ厳禁。夏バテの症状がある場合はしばらく控えた方が良いでしょう。
おすすめの飲み物は、温かい番茶や白湯。
夏バテに限らず、起き抜けの朝食前の白湯を習慣は体の冷えを防ぎ健康、美容に役立ちます。

クーラーの使いすぎで体が冷え切ってしまうのも夏バテの原因。
オフィスなどで調整負荷の場合は、足元を冷やさないように気をつけましょう。素足にサンダルは厳禁です。
夜寝る時は、扇風機などで対応できる場合はクーラーは消した方がよいですが、熱帯夜の日も多いので、クーラーを一概に消すのは難しいところ。
無理に消して睡眠不足になると、それも夏バテの原因となるので、暑くて起きてしまうようなら冷えすぎないよう28度位で付けっぱなしが良いです。

暑すぎて入浴せず、シャワーで済ますのも夏バテを加速させます。
クーラー生活で汗をかかない日々を過ごしている場合は、入浴でしっかりと汗をかきましょう。
時間があれば、半身浴がおすすめです。

夏バテを解消するには、体を温めること。
体の中と外、両面から温かい物を意識的に選ぶようにしましょう。

夏バテを解消する食べ物

夏バテをして、すでに食欲が落ちている場合は、スタミナ料理を食べるのは逆効果。
弱った胃腸には、消化するエネルギーがないので、体に負担をかけてしまいます。
消化がよく、かつビタミンとミネラルを豊富に含まれている食べ物がおすすめです。

夏バテを解消する食べ物
・味噌汁
・生姜
・ぬか漬け
・酢の物
・甘酒

味噌汁、ぬか漬け、甘酒、日本の昔からの発酵食品です。
発酵食品には体の免疫力をあげる酵素がたっぷり含まれています。
ヨーグルトやチーズも発酵食品ですが、日本人にはやはり土地に馴染んだ昔ながらの食品が体には一番です。
味噌汁は体も温め、酵素も摂取できるので一石二鳥です。

昔から、夏バテには甘酒が効果があると言われています。
味噌屋が、仕事のない夏の間に甘酒を売ったところ、その年は流行病がなかったという話があります。
食欲がない場合にも、甘酒を食事代わりにすることもできます。

さっぱりした物を口にすることが多いですが(冷奴、索麺など)、その際にはぜひ生姜をプラスしましょう。
また、夏野菜は体を冷やす効果があるので、食べる時は酢の物にすると良いです。

食欲が落ちる夏こそ、食べ物は選んで口にしましょう。


スポンサードリンク

夏バテを解消するサプリメント

私個人的に飲んで試したり、周りに聞いて夏バテを解消するサプリメントで、効果があると人気なのは

夏バテ解消サプリメント
・黒酢
・ノニ
・清暑益気湯(せいしょえっきとう) ←漢方薬

ただし、サプリメントは補足として使うもの。
栄養補給はあくまでも食事でした上で、プラスするものとして考えておきましょう。

まとめ

スポンサードリンク

夏の冷えは、夏に限らず、冬まで響きます。
夏のうちにしっかりと体を温めて、夏バテは解消しておきましょう。