この記事は約 2 分で読めます

猪名川花火大会おすすめ

猪名川花火大会おすすめ大阪の北、池田市と川西市を分ける猪名川で開催される花火大会、猪名川花火大会。

打ち上げ総数4000発、趣向は凝らし見応えもたっぷりの花火大会です。
観覧におすすめのスポット、場所取りする場合の時間や屋台情報などをご紹介します。

スポンサードリンク

猪名川花火大会おすすめスポットはどこ?

猪名川花火大会の会場は、大きく川西市(兵庫県)と池田市(大阪府)、そしてそれぞれ第1、第2会場と4つの観覧スポットがあります。

猪名川会場

池田と川西なら、川西の方が空いてます。
また、見てわかる通り、駅が近いのは第1会場。
第2会場は駅から20〜30分歩くのでやや遠いですが、その分空いてます。

15分程余分に歩いても気にしないというのであれば、池田側の第2会場がおすすめです。
打ち上げ場所がすぐなので、大きな花火を見ることができます。
火薬のにおいまでするので、迫力満点です。
また、空いているのでゆったりと見ることができます。

 

猪名川花火大会の場所取り時間はいつする?

猪名川花火大会は早朝や前日からの場所取りは禁止されています。
シートを引いても撤去されてしまうので、注意しましょう。
とはいえ、さほど混雑しない花火大会ですので、早くからの場所取りは不要です。

私がおすすめする池田の第2会場なら、始まる直前でも場所取りはできます。
駅から近い第1会場から人は埋まります。(阪急池田駅から会場へ向かう場合、開始30分前だと第1会場はいっぱいのため第2会場へ行くように誘導係員に言われます。)
座って大きな花火をゆったり見るなら、第2会場へ。レジャーシートを持ってぜひおでかけくださいね。


スポンサードリンク

猪名川花火大会屋台の場所は?

猪名川花火大会の屋台は、河川敷に並んでいます。
道中はちらほら出ている程度です。
第1、第2会場にも出ていますが、第1会場(池田)は購入までにさほど並びはしませんでしたが、第2会場(池田)は大行列なので注意です。
ドリンクを買うのにも30分も並ぶので、第2会場へ行く場合は、事前に買って行った方が良いと思います。
手分けして、ドリンクとおつまみフードを買ってる間に花火が上がる、、、といった感じで慌てます(汗)。

ちなみに、お手洗いも大行列でしたので、駅前で済ませておく方が良いでしょう。

まとめ

スポンサードリンク

猪名川花火大会は混雑もさほどせず、人混みが苦手な人でも楽しめる花火です。
大阪市内からも30分、ゆったりと花火を楽しみたいならおすすめですよ。