この記事は約 2 分で読めます

口臭チェック自分

口臭チェック自分気になりだすと止まらない口臭。
身近な人の口臭が気になりだして、もしかして自分も臭ってる?!と心配になる人は多いです。

デリケートなことなので人に頼むのも難しい、自分の口臭をチェックするにはどうしたらいいか??
そんな悩みに解決します。

スポンサードリンク

口臭チェックの仕方

口臭チェックの仕方で、一番確実なのは、人に聞く方法ですが、これが一番難しい。
家族にも、友達にも聞くのは恥ずかしい。

でも、臭ってるのに、気を使って教えてもらえないというのもありますしね。
口臭問題はデリケートです。

口臭チェック、どうしても確実に知りたい場合は、歯科医院へ受診するのが一番です。
口臭を専門に扱っている口臭外来が良いですが、通常の歯医者でもチェックはしてもらえます。
口内環境、歯石や虫歯も口臭の原因となるので、検診、歯石取りのついでに口臭チェックをしてもらうと良いでしょう。

口臭チェックを自分でする場合

歯科医に行くのが良いとしても、やっぱり自分でなんとか確認したいという場合もあります。

口臭チェックを自分でする場合、以下の方法が確実です。

口臭チェックの仕方
・ストローの先にビニール袋をセロテープなどでつけて空気がもれないようにする。
・ストローからゆっくり息を吹き込んで、ビニール袋を膨らませる(風船の要領)
・膨らませ終わったら、ストローを鼻の前にもってきて、袋を押して空気をだし、臭いをかぐ。

これは口臭外来で行っている方法なので、いわばプロのやり方です。
口臭が気になる場合は、まずはこちらの方法で確認してみると良いでしょう。


スポンサードリンク

口臭チェック機器ってどうなの?

口臭チェックを自分でする方法で試しても不安。
数値として、臭っているか確認できないか??

こういった要望に答えるものとして、「口臭チェッカー」というものがあります。
TANITAなどから販売されています。

ですが、、、、
非常に評判が悪い(汗)
・朝の口臭が一番しそうな時に数値が0なのに、歯磨き後の数値の方が高くなった
・数値が高い時に勇気をだして人に聞いても「大丈夫」と言われた
などの口コミが多いです。。。

口臭の成分は様々で、日常的に気にならないていとに存在する物がほとんどです。
つまり、測定器の性能によっては臭わなくても感知してしまう事になります。
気になるけど、数値がするのが難しいものなんですよね。
なので、口臭チェックに市販の機器はあまりおすすめしません。

確実に知りたいなら、先述した通り歯科医にかかるのが一番です。

まとめ

スポンサードリンク

気になりだしたら止まらない口臭ですが、臭っている「気がする」ということも多いです。
気にしすぎて臭わないのに臭いと気にしてる場合も。
まずは正確な状態を知ることが大切なので、口臭外来を診察しているみるのが良いでしょう。