この記事は約 5 分で読めます

  • 投稿 2016/02/20 
  • 旅行
ゴールデンウィーク沖縄子連れ

ゴールデンウィークに沖縄旅行を予定中のママさんパパさんにおすすめ。
沖縄大好き、毎年沖縄旅行へ行く管理人が、混雑しているGWでも楽しめる沖縄子連れ旅行のコツ、観光スポット、おすすめモデルコースなどを一挙ご紹介します。

旅行プランのヒントが盛りだくさん間違いなしですよ〜。

スポンサードリンク

ゴールデンウィーク沖縄子連れで楽しむ過ごし方

ゴールデンウィークに沖縄旅行を子連れで行く場合、プランを立てる上で色々と気をつけるポイントがあります。
まず一つ目は気候に関すること。
ゴールデンウィーク中の沖縄は、気温は最低20度最高27度が平均的で、初夏の陽気です。
動くと汗ばむので半袖がちょうど良いですが、この時期の紫外線は強いので、日焼け予防にも長袖を一枚羽織った方が良いでしょう。
また、沖縄の海開きは3月なので、海水浴は出来ます。
ただし、曇天の日は肌寒く、泳げるかはその日の天候次第になります。
どちらにしろ、寒さ対策、日焼け対策にもなるので、海水浴を予定している場合はラッシュガード、Tシャツなど水着の上に着るものを用意しておきましょう。

次に気をつけたいのが、観光のスケジューリング。
GWは言わずと知れた超混雑期です。
沖縄到着後、飛行機の荷物のピックアップ、レンタカーの受付処理には大変時間がかかります。
飛行機到着後、レンタカーを借りて自由に行動できるようになるまで、だいたい1時間半〜2時間は見ておいた方がベター。
そのため、移動日は午前の一番早い便以外は移動だけで終わることも多いです。

子連れ旅行の場合、スケジュールは無駄と思うくらい余裕を持った方が良いです。
観光スポットは、午前1箇所、午後1箇所位で組むのでちょうど
お子さんが小さければ小さい程、ゆっくりと過ごすことを心がけましょう。

GW(混雑期)子連れの沖縄旅行のポイント
・日焼け対策はしっかり
・海水浴は晴れた日に
・飛行機発着から観光スタートまで2時間はみる
・観光は午前1箇所、午後1箇所で立てる

なんと言っても「余裕を持って行動する」のが子連れ旅行を成功させるポイントですね。
では、次は沖縄の子連れ観光スポットを紹介します。ゴールデンウィーク沖縄子連れ

沖縄観光スポット子供におすすめは?

沖縄の観光スポット、子供におすすめの場所はこちら。

子供におすすめ沖縄観光スポット
美ら海水族館(北部) ☆☆☆
古宇利島(北部) ☆☆☆
ネオパークオキナワ(北部) ☆☆
パイナップルパーク(北部) ☆☆
ビオスの丘(中部) ☆☆☆
海中道路(中部) ☆☆
おきなわワールド(南部) ☆☆☆
首里城(南部) ☆
国際通り(南部) ☆
あしびなー(南部) ☆

☆☆☆ ・・・ かなりおすすめ
☆☆ ・・・ 寄れるなら寄ると良い
☆ ・・・ 時間調整に寄れるなら。(子供が喜ぶかは微妙)

沖縄の観光スポットと言えば、美ら海水族館。
子連れにももちろんおすすめです。イルカショーもありますし、入り口に3歳くらいから楽しめる遊具などもあります。エメラルドビーチも近いので、行ったついでにビーチ遊びも出来ます。
古宇利島は絶景スポットで有名。1度行ったらまた行きたくなる程美しい場所です。シャワー設備もあるので、海水浴も可能、浅瀬で磯遊びなどもできるので親子で楽しむにはぴったりの場所です。
ちなみに、我が家は、美ら海水族館→古宇利島の流れで観光することが多いです。
ネオパークオキナワは、動物が好きならおすすめです。ゾウガメに乗って写真が取れたり、貴重な体験が出来ますよ。
パイナップルパークは、園内のカートに乗ったり小さい子供にはおすすめですが、施設としては小さく、個人的には「パイナップルお土産パーク」と言うイメージ(笑)。
時間に余裕があれば、候補地に入れると言うくらいで良いでしょう。

ビオスの丘は、水牛に乗ったり、湖水船に乗ったりもでき、また、大きな木にぶら下がったぶらんこなどの遊具もあるので、子供にはおすすめ。
我が家の子供達も行ったら半日たっぷり遊びます
海中道路は絶景スポット。道路の途中に車を止めて海岸に降りることが出来るので、子供は磯遊びなどしたりします。

おきなわワールドはハブのショーや、玉泉洞という鍾乳洞を歩いたり、さらにエイサーのショーなどを楽しむことが出来ます。
首里城は子供は大喜びはしませんが(笑)、那覇観光に含めるなら入れると良いスポットですね。
国際通りは、個人的な意見としては「お土産ショップ通り」なので、お土産(特にご当地限定お菓子)を買うなら立ち寄ると良いですが、わざわざ行くなら、道一本入った牧志の公設市場の方がおすすめだと思います。
あしびなーは沖縄のアウトレットショップ。空港からも近いので、時間がある時は立ち寄ってみるのも良いですね。

この他、グラスボードや海中道路なども子連れにはおすすめです。
ただ、グラスボートは船底を覗き見るので背がそれなりにないと見づらいです。3歳位なら見れましたが、2歳だと覗き込む姿勢がちょっと辛いかも。
子供が小さい場合、水中観測船のオルカ号(那覇から出航)や海中道路の方が見やすいかもしれません。
「水族館に行くから、わざわざ魚見なくても・・・」と思うかもしれませんが、海の中を泳ぐ魚を見るのはやはり全然違うので、機会があるなら参加はおすすめですよ。

また、沖縄と言えば、マリンスポーツですね。
シュノーケルは一般的には5歳から参加可能ですが、家族向けのダイビングツアーをやっているショップでは、2歳から参加出来ます。
この場合、1家族にインストラクターが1人ついてくれるので、値段はやや高くなりますが(通常のツアーだと2000円〜、家族ツアーだと4000円〜)子供のペースに合わせて海の中に入れるので、断然おすすめです。
ちなみに、カヌーなら赤ちゃんでも参加できるそうですよ。
子供が小さいうちはマリンスポーツは無理と諦めていた方も、ぜひこの機会にチャレンジしてみては??

スポンサードリンク

沖縄観光のモデルコース

沖縄旅行の観光モデルコースを作って見ました。

沖縄観光モデルコース(3泊4日、レンタカーあり)
1日目
空港到着、レンタカー受付。
午前着なら、南部観光、首里城観光など、空港付近やホテルの道中の観光スポットへ立ち寄る。

2日目
午前中に美ら海水族館、午後に古宇利島へ。
昼食は水族館すぐの海の駅が美味しいです、また花人逢というピザ喫茶もかなりおすすめです(ただし、人気店なので通常でもかなり混雑しています)。
移動途中にパイナップルパーク、海中道路などを追加しても良いでしょう。

3日目
ビーチ遊び、シュノーケルツアー、ビオスの丘、バイオパークなど。

4日目
ホテルチェックアウト後、国際通りでお土産調達、DFS、あしびなーで買い物など。
時間に余裕があれば、空港近くのうみかじテレスでお茶するのもおすすめ。

我が家は、だいたい1日美ら海&古宇利島へ行き、もう1日はホテルのビーチやプールでゆっくりすることが多いです。
あまり詰め込みすぎると、親も子供も疲れてしまいますし、沖縄へはのんびりしに行くというのも目的なのでこんな感じで過ごしています。

この他、高速を使うなら「道の駅許田」、恩納付近なら「おんなの駅」はぜひ立ち寄ってくださいね。
おいしい沖縄料理のお店がたくさんあります。お店で食べるもよし、テイクアウトしておやつや昼食にもおすすめですよ。ゴールデンウィーク沖縄子連れ

まとめ

ゴールデンウィークの沖縄旅行、観光プランは決まりそうですか?
なんといっても、子連れ旅行はは余裕を持つことが大事です
ゴールデンウィークは混雑するので、なおさらゆっくりと予定を立てましょう。

スポンサードリンク

お天気に関しては、コロコロ変わるので、事前にあまり気にしすぎないのも大事ですよ。
気候、服装に関してはこちらも参考にしてみて下さいね。
ゴールデンウィーク中の沖縄 気温は?服装は?海で泳げる?