この記事は約 3 分で読めます

浴衣生理

浴衣生理夏のお祭り、花火大会で浴衣を着る予定なのに、生理と被りそう!!
そんな時でも浴衣を安心して着られる対策をご紹介します。

スポンサードリンク

浴衣を着るのに生理になった時対策は?

浴衣を着るのに生理になってしまった。
浴衣を着るのは諦められない場合、漏れ防止をしっかりとして対策を立てましょう。

2日目などの多い日だと漏れが心配ですが、多い日でも対応できて簡単なのが「タンポン+ナプキン」での対策。
タンポンでもそれなりの経血が吸収できますし、長時間替えれずに漏れた際にはナプキンでカバーできます。
そこまで多くない日などは、タンポン+昼用薄型ナプキンでも良いでしょう。
「タンポン使ったことがないから心配」という声も多いですが、説明書にも詳しく書いてますし、さほど難しいものでもないですよ。
入れる時に力を抜いてやるとスッと入ります。

量の多さが半端ないので、がっつり対策が必要なら、ショーツ形の夜用ナプキンを使用するというのも手です。
ですが、交換が大変なので、途中にトイレに行くことがないというのが前提。
また、捨てるのにかさばるので、捨てる時のビニール袋は別途用意しておいた方が良いでしょう。

下着はサニタリーショーツを履きましょう。
そして、ショーツのライン消し、漏れ防止に裾除け、もしくはステテコを履くのがおすすめです。
ちなみ、生理中に限らず、浴衣のインナーは汗対策、動きやすさの面でも着ておいた方が良いんですよ。

ショーツの上に履くのは、ガードルなどは暑いし、蒸れるので浴衣の場合はやめておいた方が良いです。
トイレにも行きにくいですしね。
一番おすすめはステテコ。
涼しく、汗も吸ってくれるので、浴衣の下には必須です。

浴衣を着る時の生理対策
・タンポン+ナプキン
・ホールド感のあるサニタリーショーツを履く
・すててこを履く(ライン消し、浴衣の汚れ防止)

浴衣が白地で生理になったら

浴衣が白地なのに生理になったら、下着のラインが見えるかも?!というのも心配だし、経血がついて汚れてしまったら、最悪。。。

ですが、基本的に浴衣が白地でも、対策は同じになります。
気をつけるのは、ショーツやインナーのステテコの色をベージュ系などの透け防止のものを選ぶこと。

タンポン、ナプキン、ショーツ、ステテコで漏れ防止はしていますので、漏れる可能性はかなり低いです。
経血がつくことはこれだけしていれば心配無用。
ステテコを履いてるのが目立たないように、ショーツをベージュ、ステテコもベージュや白を選ぶようにしましょう。
(ステテコのベージュはあまりないと思うので白を選ぶと良いでしょう)


スポンサードリンク

浴衣でのトイレの行き方

花火大会の会場にあるトイレは簡易トイレなどなので、浴衣ではあまり行きたくないですが、生理位現象だから無理な場合もありますよね(汗)。

簡易トイレの狭い、汚いトイレでも、浴衣を汚さずにトイレにいける方法をご紹介します。
持ち物は、ピンチ(洗濯バサミでOK)と腰ひも。

浴衣のトイレの行き方
①袖が汚れないように、紐で袖をたすき掛けします。(しなくても良いけれど、生理中ならしておいた方が良いです)
②浴衣の裾をガバっと持ち上げて(上前と下前両方)、帯の上部に褄先をピンチで留める。
③裾よけやスリップも持ちあげてピンチで留めます。

ポイントは着物をぐっと上にしっかりと持ち上げること。
着崩れないかと心配するかもしれませんが、腰ひもをしっかりと止めているので、着崩れる心配はありません。
中途半端が一番よくないので、ここはしっかりと持ち上げちゃいましょう。

また、ショーツとステテを浅履きしておくのもポイントです。
ショーツの上の部分が腰紐下にこないと、脱ぐのが大変な上、下にずらす際に腰ひもが緩んで着崩れの原因になります。
ショーツとステテコの上のラインは腰骨の下になるように下げてから浴衣を着るようにしましょう。

まとめ

せっかくの予定が生理と重なるのは憂鬱です。
でも、対策をしっかりと立てれば、大丈夫ですよ。

スポンサードリンク

もしまだ時間があるなら、タンポンの使い方なども試してみると良いですね。