この記事は約 3 分で読めます

エアコン夏赤ちゃん

エアコン夏赤ちゃん赤ちゃんがいる場合、夏のエアコンの使い方に悩みはつきもの。
ちょうど良い設定温度って??
つけっぱなしって体に負担にならない??

そんな悩みを解決する、赤ちゃんにとって快適なエアコンの使い方をご紹介します。

スポンサードリンク

赤ちゃんエアコンの設定温度夏はどうする?

赤ちゃんがいる場合、夏のエアコンの設定温度は、

室温24〜26度
が適温と言われいます。

大人からすると結構低いので、肌寒いと感じる温度ですが、赤ちゃんは暑がりなので、これくらいでちょうど良いです。
ちょっと暑くなってきたかな、という大人が汗をかかない温度でも、赤ちゃんは汗だくに。
そして、その汗ですぐ汗もになったりもします。
ですので、あせも対策としても、エアコンの設定温度は大人がやや寒い程度にするのがおすすめです。

また気をつけるのが湿度
湿度40%位がちょうど良いので、できれば湿度計を部屋においてチェックすると良いでしょう。

エアコンをつけてると、赤ちゃんの手足が冷たくてびっくりした、なんて場合もありますが、これは心配不要。
赤ちゃんは手足で温度調節するので、手足が冷たくてもエアコンが冷えすぎているということにはなりません。
首元を触って冷たい、実際に熱を測ってみて体温がいつもより低い場合は、冷えすぎなので、設定温度をあげると良いでしょう。

 

赤ちゃんがいる場合夏はエアコンつけっぱなし?

赤ちゃんがいる場合、エアコンの上手な使い方はどうしたら良いのか悩みます。
暑い時だけつけて、こまめに切り替えるか、いっそつけっぱなしにするのか。

回答は、夏はつけっぱなしにする方が良いです。

赤ちゃんの体温調節機能は未熟。
室温が上がったり下がったりするのは、体に負担をかけるので、一定温度快適な室温を保つ方が良いです。

エアコンは除湿か冷房か、どちらの設定が良いかというのは、室内の構造やエアコンの機種によっても変わってきますが、一般的に除湿は冷房設定よりも乾燥しやすいので、冷房設定の方がおすすめ。
また、エアコンの性質上、除湿よりも冷房の方が電気代は安くなります。(除湿は一旦温度を下げて湿気を取ってから、設定温度まで温めてから排出するから)

ちなみに、エアコンをつけっぱなしと、切ったりつけたりする場合とでは、電気代はほぼ同じ。
これを考えても、暑くて汗かいて慌ててつける、、という面倒さもないので、つけっぱなしにしている方が赤ちゃんもママも楽ではないでしょうか。


スポンサードリンク

赤ちゃんがいる場合夏の夜のエアコンはどうする?

先述した通り、エアコンは夏はつけっぱなしがおすすめ。

ということで、夜寝るときもつけっぱなしが良いですね。
熱帯夜による熱中症予防にもなります。
ただし、朝晩は気温が下がる夏の始めと終わりは、タイマー設定にするなどの工夫を。
冷えすぎる可能性があるので、そこは臨機応変に対応しましょう。

ちなみに、冷房を昼も夜もつけていると汗をかかずに汗腺の発達が遅れるのではという心配は赤ちゃんの間は無用です。
汗腺の発達は3歳頃までなので、その間にしっかりと汗をかくようにすればOK。
ねんねの赤ちゃんの時に汗だくにさせる必要はありません。

夜暑いと夜泣きもしやすいですからね。
ねんねの時期はエアコン使いで赤ちゃんにとって快適な状態にしてあげましょう。

まとめ

スポンサードリンク

エアコンの冷気は下にたまるので、エアコンの下に扇風機を下からあてて空気を循環させると、部屋全体が冷えて快適な状態になります。
床に寝てる場合の冷え防止にも。
エアコン、扇風機の風は直接赤ちゃんに当たらないようにも気をつけてあげてくださいね。