この記事は約 5 分で読めます

産後ダイエット母乳

産後ダイエット母乳ママさんお疲れ様です。
赤ちゃんとの生活忙しいけれど、気になるのは産後の体重、体型。
ダイエットしないと・・・!と焦っているママさんに私が痩せた産後ダイエットの方法をご紹介します。

スポンサードリンク

 

産後ダイエット母乳育児でも痩せない場合

先輩ママから、「産後ダイエットはいらないよ。母乳育児してたら、いやでも痩せるから」
と言われたことがあるママはたくさんいると思います。
私もそうで、妊娠中はその言葉にワクワクしていた位(笑)。

ですが、産後、完全母乳にもかかわらず、全く痩せない。
妊娠中の体重増加は9kgでそこそこ抑えたにもかかわらず、残り3kgが痩せない。
なぜ?!
さらに、授乳中の食欲はすごいし、断乳したらどうなるんだろう・・・・と焦ることこの上ない状態でした。

私のダイエット経験談ですが。。。
1人目の時、授乳期間1年2ヶ月。
残り3kgがずっと減らないままで、断乳。
焦りまくっていましたが、断乳とともに、すさまじい食欲はがくーんと減り、元どおりに。
それと同時に減らなかった体重は落ちてストンと自然に落ちました。

「授乳終えたら痩せる」というのがパターンだったようです。
珍しいかもしれませんが、こんな場合もありますので「授乳中痩せない」と不安になっている場合、悲観せずに断乳を待ってみてもよいかもしれません。

そして、2人目。授乳期間1年10ヶ月。
1人目とは体質も違うかも?!今度こそ授乳で痩せるかも〜と期待しつつ、たるんだお腹は運動で引き締めようと産後3ヶ月からヨガなどのインナーマッスルを鍛える運動を取り入れました。
でも、全く痩せず。
1人目と同じく残り3kgの壁が立ちはだかります。
1人目の時よりも年齢も気になりますし、断乳を待つよりも少しでも早く戻したいと思うのが女心。
しかも、3人目を考えていなかったのもあり、授乳は長い期間したかったので、断乳を待たずに痩せたいと思いました。
そこで、とめどない食欲は母乳を出すために抑えるのは難しい、でも痩せたい。
ということで、食べて痩せるダイエットを決行することにしました。

産後ダイエット授乳中でも成功させるには?

産後ダイエット、授乳中は赤ちゃんのためにも食制限でするのはやめておいた方が良いと言われます。
また、栄養が赤ちゃんにいっているのもあるので、制限してしまうと、ママの体にも負担がかかりますからね。

産後ダイエットは半年、できれば1年後くらいから始めるのがおすすめです。
半年過ぎれば離乳食も始まりますし、だんだん母乳の栄養素は薄くなるから。

ちなみに、私が産後ダイエットを本格的にしたのは産後1年2ヶ月。
まだ授乳中。
授乳をやめても良い時期です(笑)。
でも、我が子はおっぱい星人で主食か?!というくらいメインで飲んでおりましたが。
(なのに、全然痩せない悲しい私の体質・・・・)

長期的に実践するのは、性格的に合わなかったので、短期勝負でやりました。
その方法とは
「七号食ダイエット」
1週間玄米のみ(1日1個の梅干し、ごま塩はOK)、飲み物はノンカフェインのみ

というのをやりました。
玄米の量を制限するやり方もありますが、私がしたのは玄米は好きなだけ食べて良いという方法です。
これならお腹はまったく空きません
単一ダイエットですが、玄米はミネラル分豊富だし、母乳育児中にもおすすめの食べ物。
これなら単一ダイエットをしても栄養が偏る心配も少ない、母乳の質をあげるのにも良いです。

詳しいやり方はこちらでご紹介しています。
玄米ダイエットで痩せた私の経験談 ダイエットの方法 美味しい炊き方

結果、残り3kgがするすると4日で落ちました。
母乳の出も問題ないですし、逆につまりやすい体質でしたが、この時期はものすごくサラサラとした質の良い母乳が出ていました(乳腺炎予防のため助産院に通っていたのですが、褒められました)
ただ、4日位から玄米に飽きるので、ちょっと辛くはなりましたが、体重は落ちているので気分として良く、最後まで頑張れました。

母乳育児中、授乳中にダイエットをする場合、食べる物には注意が必要です。

食べないはダメ。
少ないのもダメ。
栄養のないのもダメ。

そういった面から考えると、産後ダイエットで授乳中の場合、玄米ダイエットはかなりおすすめです。
授乳中の凄まじい食欲から、目につくものを食べてしまっているという場合にも、味覚のリセットとして行うのも良いです。
七号食(玄米のみの食事療養)をすると、味覚が正しくもどり、旬のお野菜などがびっくりするほど美味しく感じ、逆に甘いものや添加物の入ったものが不要になります。

便秘も解消し、肌も綺麗になるので、体全体のデトックスになります。
1週間の爽快感はかなりのものなので、この体験はぜひとも味わって欲しいなぁと思います。

スポンサードリンク

産後ダイエット食事メニュー

産後ダイエットとして七号食はおすすめですが、産後あまり時間が経ってない場合はは玄米のみよりも玄米を主食とした食事メニューによるダイエットの方がやりやすいかもしれません。
ただ、結果を出すのは少しゆっくりになるので、短期間で結果を出したい場合は、玄米のみにした方が早いです。

玄米のみ
玄米と味噌汁
玄米と味噌汁、副菜
玄米と味噌汁、副菜、主菜(肉、魚)

おっぱい管理のために通っていた助産院でもよく言われたのですが、
「玄米ご飯と野菜たっぷりのお味噌汁を主食にしなさい。質のよいおっぱいも出るし、食べても太らないわよ」
私の場合、これを全然守らず、パンやパスタ、お菓子をつまみまくっていたので全く痩せなかったです(汗)。
好きなものを好きなだけ食べても痩せる人はいますが、授乳で痩せない人は特に食事な気をつけた方が良いです。
授乳している以上、口にするものは選んだ方が良いですが、玄米と味噌汁(お味噌は無添加のもの)をメインにしていれば、作るのも楽だし、栄養不足になることはありません。
そして、数日この食事をしていると、自然と痩せていきます。

痩せないとしたら、口寂しくて何か他のものを口にしている場合が多いです(汗)。
(これを予防するために、食べたものを記録するレコーディングダイエットも並行してするのもおすすめ。)

産後ダイエット、母乳育児中のママなら、まずはご飯と味噌汁の食事にしてみましょう。
その際、調味料(味噌、醤油、塩など)は無添加のものを厳選しましょうね。

 

まとめ

産後痩せないと焦りますよね。
母乳育児してたら、絶対痩せるって周りが言ってるのに、それにも乗っかれないとしたら、焦り度はマックスです・・・。
でも、私は授乳では痩せなかったものの、食養生で痩せることができて逆によかったなと思いました。
これからの赤ちゃんへの食選びのヒントにもなりますし、改めて日本食の大切を知りました。
流行りのダイエット食品よりも、はるかにパーフェクトな食事が日本食なのだと。

スポンサードリンク

ママになったからこそ知っていたいことだと思います。
ぜひ、産後ダイエットで悩んでいるママさん、試してみてくださいね。