この記事は約 3 分で読めます

浴衣着付け子供

浴衣着付け子供夏祭りの時期ですね。
お子さんの浴衣の着付け方に悩んでいる方いませんか??

動きが激しい子供の場合、着崩れなどが気になりますよね。
そんな悩みを解決する、簡単綺麗な着付け方や浴衣に会う髪型などご紹介します。

スポンサードリンク

浴衣の着付け方子供の場合

浴衣の着付け、着物の知識がなくても大丈夫??と不安になる方も多いです。
ですが、子供の場合は、とーーーーっても簡単です。
着物の知識がなくてもできますので、ぜひチャレンジしてみましょう。

浴衣の着付け子供向けの動画はこちら。

 

まぁ、見なくても結構できちゃいます(笑)
子供の浴衣の着付けで大事なのは、腰上げ、肩上げをしてサイズを合わせておくこと。
大人のように腰ひも等でおはしょりも作ったりはしません。
腰ひもで結んだ場合、苦しいですし、動きの激しい子供の場合は着崩れしやすくなりますので、紐ではなく、縫っておはしょりを最初から作る腰上げが重要になります。
腰上げ、肩上げのやり方はこちでもご紹介しています。
浴衣子供のサイズ選び方と調整の方法 腰上げ簡単にするには?

 

サイズがあっていれば、着付けは簡単。
身八つを「穴」として互いにくぐらせて、前に戻って、結ぶだけです。
襟は子供の場合は抜きません。

ちなみに、ここでご紹介する子供の着付け方は、だいたい小学生中学年まで。
高学年くらいになると、身長にもよりますが腰上げより、おはしょりで着せる方が良くなってきます。
さらに、中学生頃には襟は抜いた方が良い子も結構いますので、その子の体格により着せ方を変えていってあげると良いでしょう。

浴衣の着付け子供の帯はどうする?

浴衣の着付け、浴衣だけなら子供の場合はめちゃくちゃ簡単です。
迷うとしたら帯。

小学校低学年までくらいなら帯は兵児帯がおすすめです。
柔らかいので着ていても楽です。
高学年位になると、大人の半幅帯、や飾り帯などを付けてあげると良いでしょう。

兵児帯はでも、女の子の場合は帯板を入れてあげると良いですよ。
リボンは女の子は大きめ、男の子は小さめに結びます。
おすすめの兵児帯の結び方

飾り帯の場合、胴廻りに帯を巻いて、飾り帯をつけるだけで簡単ですが、胴廻りの帯が着崩れしやすい難点があります。
着崩れを防止するには、タオルで補正するのがおすすめです。

タオルの補正の仕方
・フェイスタオルを2つおりにして胃のあたりに巻く
・巻き終わりは、挟み込むだけでOK。
・子供の背中のそりが大きい場合は、背中ハンドタオルを挟む

胴周りと背中にタオルを入れて、体のラインを直線にするのが補正の目的。
タオルのおかげで、帯が緩まず、綺麗に着ることができますし、汗もタオルが吸収してくれるので、暑さ対策にもなりおすすめです。


スポンサードリンク

浴衣の髪型子供向けに簡単なのは?

浴衣に合わせた髪型といえば、やはりアップ。

簡単なのは、高い位置でもポニーテールやお団子。
髪が短い場合でも、ウィッグがあればできます。

個人的には地毛でできる量があっても、ウィッグがおすすめです。子供の髪を巻いたり、逆毛を立てたり、ヘアスプレーで固めたりするのは、大人の数倍大変。その点、ウィッグ、さらにシュシュタイプならくくるだけで良いので、楽。
1分で綺麗に出来上がります。一度使うとはまりますよ。

 

小さいお子さんで髪が短かったり少ない場合は、前髪の一部を飾りゴムでくくったり

ショートやおかっばの髪に和風のぱっちんどめをするだけでも

 

シンプルですが可愛らしいです。

ピンはサラサラの子供の髪だとすぐ落ちてしまうので、軽くゴムでくくってから、ゴムの付け根にピンを刺すようにすると落ちにくくなりますよ。

 

 

まとめ

子供の浴衣の着付けの方法、確認はできましたか??
やる前は難しいと思うかもしれませんが、やってみると簡単です。
和装の知識はなくても、浴衣くらいなら動画や本を確認するだけでも十分着れますよ。

スポンサードリンク

ぜひ、可愛く着せてあげて、お出かけしてくださいね。