この記事は約 3 分で読めます

修学旅行バッグ

修学旅行を控えている高校生必見。
国内の修学旅行にちょうど良いバッグの大きさ、さらに持っていきたいけど、手荷物検査でひっかかるかもと心配な荷物の隠し場所など、をご紹介。
楽しい旅行のために、準備万端整えよう!

スポンサードリンク

修学旅行バッグの大きさのどれくらいが良い?

修学旅行の準備をする際、まずバッグの大きさに悩みますよね。
まず、修学旅行のバッグと言えば、キャリーバッグが主流です。

一般的に旅行期間とバッグの容量を見てみると、

キャリーバッグ
出典: http://travel-2013.seesaa.net/article/366616442.html

旅行日数とカバンの大きさ
1~2泊 : 30L〜40L(S)
3~4泊 : 40L~60L(M)
6泊~1週間 :60L~90L(L)

となっています。
国内の修学旅行の3〜4泊、さらにお土産を買うことを考えると、60lがおすすめです。
沖縄などの暖かい場所で、着替えが薄着、さらにお土産を配送もしくは別にエコバッグなどに入れるのであれば、SサイズでもOKです。
逆に、荷物が多いからと言って、60l以上のものを持っていくのはあまりおすすめしません。家から学校(もしくは空港)などの移動が大変になりますし、国内旅行の場合60l以上のスーツケースは今後あまり使う機会が少ないです。

旅行当日の使い勝手や長い目でみても、60lのMサイズが修学旅行バッグの大きさとしてはベストと言えるでしょう。

 

修学旅行飛行機での荷物検査でダメなものは?

修学旅行で初めての飛行機、荷物検査ってどうするの??
と心配な人もいるかもしれませんね。

修学旅行で持っていきたいものが、検査でひっかかるがどうか、以下のようにまとめました。

持ち物の持ち込み可否
化粧品類 : 両方持ち込み可能。(可燃、腐食性等以外)
ヘアスプレー類:両方預け入れ可能(1容器あたり0.5L/0.5㎏、1人あたり合計2L/2㎏まで)
ヘアアイロン:コンセント式の場合は両方OK。電池式でリチウム電池の場合、外せば持ち込み可能。
シェーバー:T字のシェーバーなら機内持ち込み可能。預け入れならどれでも可。
携帯:両方持ち込み可能

 

基本、高校生が日常使うものなら、機内持ち込みは可能です。
機内で使わないものばかりだと思うので、預け入れ荷物に入れるのがおすすめ。
(スプレーボトルに入れている液体類は、手荷物検査の際は中身を確認されるので)


スポンサードリンク

修学旅行持ち物の隠し場所のおすすめは?

本当は、持っていかないのが一番なんですが、どうして必要って場合もありますよね。
くせ毛対策のヘアアイロンとか、ムダ毛処理のシェーバーとか・・・・。

こういった持ち物の隠し場所、基本的には着替えの服に包んだりポーチに入れるのが一番です。
下着類だったり、ポーチの中身が生理用品だったりすると、オープンに見せる必要はないですしね。

ちなみに、飛行機の荷物検査では、中に何が入っているかは検査員には全て丸見えです。
とはいえ、素人が見たところでわからない(=先生がちらっと見たところでわからない)、さらに空有こう職員がいちいち報告することも現実的ではないので、まぁ、使っているところさえばれなければ持って行ったところで見つかることは少ないでしょう。

ほんとは、持っていかないのが、一番ですけどね。
どうしてもという場合には、参考にして見てくださいね。

 

まとめ

修学旅行の準備は進みそうですか??
まずはちょうどよいバッグを選んで、荷物を上手に詰めてくださいね。
携帯の持ち込みに関しては、こちらも参考にしてみてくださいね。
修学旅行携帯は飛行機でバレない?手荷物検査って?隠し場所のおすすめは?

スポンサードリンク

楽しい旅になりますように。