この記事は約 4 分で読めます

ホワイトデーお返しがっかり
スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しが、、、

 

これ?!

というものをもらった時

 

何もなかった時。

 

はどう思ってるんだろうと心配になった時に

 

読むと元気になる、男心の不思議について。

スポンサードリンク

ホワイトデーのお返しのがっがりエピソード

 

バレンタイン彼氏やご主人にあげたけど、、、、

ホワイトデーのお返しががっかりだった(涙)。

 

というケース、結構あるものです(汗)。

 

ホワイトデーのお返しにまつわる、がっがりエピソード

 

その1:

お返しはくれたけど、値段がそのままでみたら399円だった。

 

 

その2:

出張先で買ったキーホルダーとお菓子だった

 

 

その3:

お返し送るね!!と言ってたのに音沙汰なし

 

高いものを期待してるんじゃないけど、、

 

私の価値は399円なのか、、、と思って悲しくなる、

 

というエピソード、結構多いですね。

(ちなみに、私も経験者。汗)

 

ホワイトデーのお返しがなかった・・・!!!

 

ホワイトデーのお返し、彼氏からもらえなかった、何もなかったという場合も。

 

忙しくて忘れてたという場合もありますし、

あげなくても良いと思っていたという場合も。

 

もらったのにがっかりするのも、何もなくて凹むのも、

皆共通している女性心理があります。

 

お返しに値段は求めてないが、

行動としての価値は求めている

 

というもの。

 

女性にとっては、いくつになっても、また付き合いの年数に関係なくバレンタインは特別なもの。

その特別感を持ってプレゼントしてるのに、お返しであるホワイトデーの気持ちの重さに差があることが悲しくおもう・・・。

 

値段じゃないと言いながら、、、

 

「忙しい中、人気のチョコレートを買ってきてくれた」

 

「ちょっと良いプレゼントをくれた」

 

「照れ屋なのに、メッセージカードをつけてくれた」

 

というのを心の中では期待してしまうのが、女性の心理。

 

女性は、ホワイトデーに

 

「◯◯(忙しい、お金がない)のに、私のためにしてくれた

 

を感じたいのです。

 

がっがりする、というのは、「特別感0」と感じてしまうから。

 

また、これが愛を測ることになり、

「私って大事にされてないのでは・・・」という思いにつながったりしまうんですよね。

 

がっかりエピソードが発生してしまうのは、

この男女の温度差が原因かもしれません。

 

逆に、

男性の心理がわかれば、このがっかりエピソードも前向きに受け止めることができることも。

 

女性と男性の心理の違いは、色々言われています。

そもそも全く違うものなので、理解は無理ですが、「こういうものなのかぁ」と知ることができれば、気持ちの上ではかなり楽になることもあるかも??


 

ホワイトデーのお返しの男心とは?

 

女性にとっては、

ホワイトデーのお返しとは、実は非常に比重が高いです。

 

金額じゃなく、行動に対して評価をする。

 

しかし、男性にとっては、このあいまいな評価が難しかったりするのです。

 

男性は、

 

「ホワイトデーをそんなに大切なイベントと思っていない」

 

だから、

 

「お返しさえ用意すれば良い」

 

と考えていることも多いです。

 

女性が喜ぶものも知らないので、目にあるものから選ぶ、

 

という行動を取りがち。

 

しかし、女性からすれば、

「もっと考えて!!!」となる。

 

こういっった男性は、「考える」というのに評価されていることを知りません。

「あげればクリア」とだけ考えているようです。

(なくても問題なしという場合もあり)

 

ですので、

そこにあなたへの愛情を測るという意識は発生してないのです。

 

男性って単純なので、

もらったら「お返し」という何らかの形に残せばOKと考えているんですよね。

 

また、気の利いた行動は、裏を返して考えれば「女慣れしている」とも言えますし、

そういった行動ができない彼は、安心という考えもできますよ。

 

また、大事なのは、

「イベントが面倒臭い」と思っているけれど、「あなたに対しての行動が面倒」とは思っていないということ。

 

愛情表現は、別のこともありますから、そこは混同しないのも大事です。

 

がっかりするということは、相手のことが好きだから。

同じだけ愛されていることを感じられなかったことによる、ショックだったりします。

 

しかし、、、

この気持ちとは裏腹に、

男性はさほど感じていなかったりします。

 

きっと、本音を言うと、

 

「え?!そうなの?!?!」

 

とびっくりする男性は多数。

 

この気持ちを知って、慌てる男性も多いかも。

まとめ

 

男性とは女性よりも、単純です。

ホワイトデーのお返しががっかりでも、普段の行動で愛情を感じるなら、愛情を疑う必要はあまりないでしょう。

 

イベントの時くらい「気遣いが欲しい」と思うなら、

まずは、あなたが彼を気遣ってあげましょう。

 

気持ちはキャッチボールのように、欲しいものを渡せば返ってきます。

 

「あなたは私のこと大事にしてない!!!」と彼に思っているなら、

逆に彼も同じように感じているかも??

 

まずは、あなたの行動を変えましょう。

スポンサードリンク

彼の行動に労いと感謝を表せば、彼も同じようにしてくれますよ。