この記事は約 3 分で読めます

バレンタイン小学生手作り

バレンタイン。

小学生も友チョコ交換が大変ですよね。

 

小学生低学年でも簡単にできるバレンタインチョコとは?

スポンサードリンク

バレンタイン小学生が手作りする場合

 

バレンタインの友チョコ、手作りチョコ。

 

小学生が手作りするなら、

低学年の場合は

  • オーブンを使わないレシピ
  • 市販品をアレンジ

 

がおすすめ。

 

 

チョコをとかして、固める、市販品にチョコでデコレーションするだけなら、

低学年んでもほぼ1人で作ることができます。

 

また、

高学年なら

  • オーブンを使うクッキーなどのレシピ
  • ブラウニーなどのチョコケーキ

 

オーブンを使うレシピもおすすめ。

デコレーションも細かいものでも作ることができるでしょう。

 

 

バレンタイン小学生でも簡単にできるのは?

 

では、小学生におすすめのバレンタインチョコをご紹介しましょう。

 

アレンジチョコポップ

(材料)

鈴カステラ

板チョコ

チョコペンなど

 

鈴カステラにスティックを刺し、湯煎で溶かしたチョコレートをコーティング。

さらにデコレーションする場合、アラザンなどの小さいラムネ菓子を飾ったり、チョコペンでデコをしましょう。

100均のチョコペンならカラーは豊富です。

 

 

ブルボンのプチデコ

(材料)

ブルボンプチシリーズ(クッキーがおすすめ)

アイシングパウダー

チョコペン

 

ブルボンのプチシリーズにアイシングでデコします。

アイシングは100均のアイシングパウダーを使うと水に溶かすだけなので簡単です。

 

小学生低学年なら、市販品のアレンジが一番簡単です。

チョコペンやアイシングも市販されているものを使うとさらに簡単。

 

 

チョコクランチ

(材料)

チョコレート 150g

シリアル 20〜30g

アーモンドパウダー 5〜10g
チョコレートを溶かし、シリアルと、アーモンドパウダーを入れて混ぜる。

アルミカップに適量入れて冷やせば出来上がり。
湯煎で火傷しないように気をつければ、小学生でも十分簡単に作れます。

 

 

簡単クッキー

(材料)

薄力粉70g

ココア30g

砂糖50g

サラダ油30g

 

材料をビニール袋に入れて手でもんで混ぜる。

1cm位の大きさに丸めたら、180度に温めたオープンで15分焼く。

 

洗い物も少なく、袋で混ぜるので簡単です。

ほろほろとしたクッキーなので、ラッピングはボックス系がおすすめ。

 

 

小学生低学年でもほとんど手伝いなしで作れるほど簡単なレシピです。

バレンタイン後も、ママのお茶請けに作ってくれるようになるかもしれませんよ(笑)?

スポンサードリンク

 

バレンタイン小学生の友チョコにぴったりなのは?

 

小学生のバレンタインの友チョコ、作るのはクッキーでも、チョコレートでもなんでもOKですが、かわいいラッピングは必須。

 

友チョコは配るので、量はそんなに多くないです。(多くない方が良い)

一口サイズを2、3個。

 

ラッピングするなら、100均で売っているセロファンの袋に入れて、モールでしばるのでOK。

中に小さいカードにメッセージを書いて入れておくと良いでしょう。

カードがお菓子が崩れるのを防ぐ役割をしてくれますし、可愛いカードならラッピングの可愛さもアップ。

 

もし、型崩れしやすいお菓子の場合は、紙コップを箱代わりにすると、簡単で、崩れ防止になります。

紙パッキンを入れて高さを出すのも良いですね。

 

 

まとめ

小学生の友チョコ。

親が付き合って作るうちは面倒ですが、1人でできるくらい簡単なレシピを選べば簡単。

 

後片付けの仕方も覚えてもらうと、お手伝いもしてくれるかも??

 

スポンサードリンク

可愛い友チョコ、作ってくださいね。